永福の景観とまちづくりについて

永福ゾーンは、永福1~4丁目、浜田山1,3丁目、下高井戸1~3丁目、和泉2~3丁目を示すものとする。本記事は、みどり豊かな住宅都市を目指してと題して平成22年4月に杉並区により策定された「杉並区景観計画」を抜粋したものである。杉並区全体の景観計画のあと、各地域について特有の事情を踏まえながら概要を説明している。

杉並区景観計画2010年-永福

ゾーンの特徴

位置

永福ゾーンは、区の南部に位置し、方南通り、井の頭通りと甲州街道に囲まれ、東西に京王井の頭線が走り、西永福駅、永福町駅があります。南は世田谷区に接しています。

地形

武蔵野台地の東京区部の山手台地の一部で、ゾーンの中央を東西に「水とみどりの景観形成重点地区」である神田川が流れており、河川に向かって緩やかに傾斜しています。

歴史

江戸時代は、この地域は下高井戸村や和泉村と永福寺村でした。明治時代になり、和田村や堀ノ内村などと合併し和田堀内村となりました。当時は農家が点在する農村地帯でした。大正2年に甲州街道沿いに京王電気軌道が開通し(現在の世田谷区側)、昭和8年に帝都電鉄(現在の井の頭線)が開通しました。大正15 年に和田堀町になりました。

用途地域

甲州街道沿道は、商業地域及び近隣商業地域です。その他の地域は、第一種低層住居専用地域等です。

景観要素

ゾーンの中央を東西に「水とみどりの景観形成重点地区」の神田川が流れています。河川区域及び河川境界線の両側から30 mの範囲を重点地区として、河川沿いの緑化の推進や川と調和した建築物の誘導など、川と周辺地域が一体となるようまちなみ景観を形成していきます。なお、玉川上水は、暗渠となり上部は公園となっています。

多くの民間グランドや寺院などみどりのオープンスペースがあり、土地区画整理が実施された地区もある一方で、道路基盤がぜい弱で住宅の密集度が高い地区もあります。

景観まちづくりの方向性

住宅地

景観形成重点地区の神田川周辺で、重点的に景観まちづくりに取り組みます。この地域は、一般地域、低密度住宅地及び中低密度住宅地として景観まちづくりを進めます。

駅周辺

井の頭線西永福駅及び永福町駅周辺は、商業や業務の中心地であり、賑わいのあるまちです。この地域は、一般地域・駅周辺等の商業地として景観まちづくりを進めます。

幹線道路

甲州街道沿道には、マンションや事業所ビルなどが連なっています。また、井の頭通り沿道には、並木や農地などが残ると共に、新しいマンションやレストランなども作られています。これらの沿道は、幹線道路の景観まちづくりを進めていきます。

景観特性

生活的要素

下高井戸商店街、寺町

自然・歴史的要素

築地本願寺和田堀廟所、玉川上水の暗渠(公園・緑地)、明治大学

公共的要素

京王井の頭線西永福駅・永福町駅、首都高速4号線と永福料金所、甲州街道、井の頭通り、方南通り、神田川、下高井戸運動場

杉並百景

向陽中学校の万葉植物園

杉並「まち」デザイン賞

万葉植物園、永福の住宅

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?