下井草の景観とまちづくりについて

下井草ゾーンは、下井草1~5丁目、井草1~3丁目を示すものとする。本記事は、みどり豊かな住宅都市を目指してと題して平成22年4月に杉並区により策定された「杉並区景観計画」を抜粋したものである。杉並区全体の景観計画のあと、各地域について特有の事情を踏まえながら概要を説明している。

杉並区景観計画2010年-下井草

ゾーンの特徴

位置

下井草ゾーンは、区北部に位置し、環状8号線や早稲田通りに囲まれ北部に新青梅街道が通り、中央を西武新宿線が走り東に下井草駅、西に井荻駅があります。北は練馬区に接し、東は中野区に接しています。

地形

ゾーンの東に「水とみどりの景観形成重点地区」の妙正寺川が流れています。上井草から流れる暗渠になった井草川や妙正寺川に向かって緩やかに傾斜しています。

歴史

江戸時代は、畑地や雑木林が散在する農村でした。明治時代に井荻村となりましたが、引き続き農村地帯でした。大正時代になると当時の旧井荻村村長が区画整理を行い現在のまちの骨格の原型が出来上がりました。昭和2年に西武鉄道村山線が開通し、下井草駅、井荻駅が設置され市街化が進み、戦後の高度経済成長期を経て、現在の姿に至っています。

用途地域

下井草駅周辺及び井荻駅周辺は近隣商業地域であり西武新宿線沿線は中高層住居専用地域です。また、環状8号線沿道は準住居地域と近隣商業地域となっています。西武新宿線沿線及び幹線道路沿道以外は第一種低層住居専用地域等です。

景観要素

ゾーンの東に「水とみどりの景観形成重点地区」の妙正寺川が流れています。河川区域及び河川境界線の両側から30 mの範囲を重点地区として、緑化の推進や川と調和した建築物の誘導など、川と周辺地域が一体となるようまちなみ景観を形成していきます。また、ゾーンの南西部に、「科学と自然の散歩みち」が整備されています。

景観まちづくりの方向性

住宅地

比較的大きな住宅やマンション、社宅などが低密度に分布する住宅地を中心に、農地や樹林地などのオープンスペースが多い地域です。この地域は、一般地域・低密度住宅地として景観まちづくりを進めていきます。西武新宿線沿線は、中低密度地域となっています。

駅周辺

下井草駅周辺及び井荻駅周辺は、賑わいのある商店街が形成しています。この地域は、一般地域・駅周辺等の商業地として景観まちづくりを進めていきます。

幹線道路

環状8号線等、幹線道路沿道には、低層住宅とともにマンションや事務所ビルがあります。これらの沿道は、幹線道路沿道の景観まちづくりを進めていきます。

景観特性

生活的要素

旧早稲田通り商店街

自然・歴史的要素

屋敷林・農地

公共的要素

西武新宿線下井草駅・井荻駅、環状8号線・陸橋と排気塔、杉並歩行者道第1号線(井草川遊歩道)

杉並百景

井草どんど焼き、下井草駅前の桜、下井草四丁目の長屋門、下井草五丁目の畑

杉並「まち」デザイン賞

下井草四丁目の長屋門

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?