荻窪北の景観とまちづくりについて

西荻北ゾーンは、今川1~2丁目、桃井1~2丁目、清水1~3丁目、本天沼1~3丁目、天沼1~3丁目を示すものとする。本記事は、みどり豊かな住宅都市を目指してと題して平成22年4月に杉並区により策定された「杉並区景観計画」を抜粋したものである。杉並区全体の景観計画のあと、各地域について特有の事情を踏まえながら概要を説明している。

杉並区景観計画2010年-荻窪北

ゾーンの特徴

位置

荻窪北ゾーンは区中央部に位置し、早稲田通りと青梅街道に囲まれ、JR中央線荻窪駅の北側に接しています。また、南北に環状8号線が、ほぼ東西に日大二高通りが走ります。

地形

ゾーンの北部は、「水とみどりの景観形成重点地区」である妙正寺川が流れ、南部は暗渠となっている旧桃園川が流れ、各河川に向けて緩やかに傾斜しています。

歴史

江戸時代は、この地域は天沼村であり、青梅街道沿いに農地や雑木林に囲まれて農家が点在する農村地帯でした。明治時代になり、甲武鉄道(現在のJR中央線)が開通し明治24 年に荻窪駅が開設され、その後の発展の礎が作られました。

用途地域

青梅街道及び日大二高通り沿道は、商業地域及び近隣商業地域です。その他の地域は、第一種低層住居専用地域等です。また、環状8号線沿いは、沿道地区計画により、道路交通騒音の防止と都市型サービス機能の集積が進められています。

景観要素

ゾーンの北部の妙正寺公園から「水とみどりの景観形成重点地区」の妙正寺川が流れています。河川区域及び河川境界線の両側から30 mの範囲を重点地区として、河川沿いの緑化の推進や川と調和した建築物の誘導など、川と周辺地域が一体となるようまちなみ
景観を形成していきます。ゾーンの南部には、天沼弁天池公園があるほか、荻窪駅周辺の賑わいや日本大学付属第二高校、文化女子大学附属杉並中・高校などの学校があります。

景観まちづくりの方向性

住宅地

ゾーンの北部では、景観形成重点地区の妙正寺川周辺で、重点的に景観まちづくりに取り組みます。寺や屋敷林など、比較的ゆとりあるまちが形成されています。一方、南部の天沼地域は、小規模な木造住宅が密集しています。この地域は、一般地域、低密度
住宅地及び中低密度住宅地として景観まちづくりを進めます。

駅周辺

荻窪駅周辺は、区内の商業や業務の中心地であり、飲食店などが集まり賑わいのあるまちです。一般地域・駅周辺等の商業地として景観まちづくりを進めます。

幹線道路

青梅街道等の沿道には、マンションや事業所ビルなどが連なっており、幹線道路の景観まちづくりを進めます。環状8号線沿道は、沿道地区計画に指定されています。

景観特性

生活的要素

荻窪音楽祭、駅前商店街、天沼三丁目防災まちづくり

自然・歴史的要素

妙正寺公園、天沼弁天池公園、観泉寺、妙正寺、中央大学杉並高校、日本大学第二中・高校、文化女子大学附属杉並中・高校

公共的要素

JR・東京メトロ荻窪駅、青梅街道と天沼陸橋、早稲田通り、天沼3 丁目防災まちづくり、妙正寺川、日大二高通り

杉並百景

観泉寺、観泉寺のしだれ桜、妙正寺公園、妙正寺、科学教育センター(現、科学館)、蓮華寺、日大二高のいちょう並木、荻窪税務署のうこん桜、東京
衛生病院の桜

杉並「まち」デザイン賞

天沼の歩道、天沼の住宅、桃井の住宅

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?