杉並区の概要

概要

区長

山田宏[やまだ ひろし](1958年1月8日生)就任:99年4月~ 就任回数:3回 党派:無所属 任期満了:11年4月 経歴:衆議院議員 最終学歴:京都大学法学部81年卒

議会

議長:青木さちえ 議員:48名 任期満了:11年4月

由来

江戸時代の初期、成宗と田端両村の領主であった岡部氏が、領地の境界を示すため、青梅街道沿いに杉並木を植えたことに由来する。

環境のよい住宅都市

都区部西端に位置。中世は野原で、江戸期は近郊農村であったが関東大震災後、文化人や学者が多数移住。東京の発展と共に自然に恵まれた住宅都市として成長。近年はアニメ産業が集積。

みどりの都市

03年に区の憲法となる自治基本条例を全国に先駆け制定、区民と行政が共同する自治の街実現に取り組む。04年改定の「すぎなみ5つ星プラン」では「地域ぐるみで教育立区」を重点プランのひとつとする。07年に全国で初めて区採用の教員を小学校に増員配置、08年の病児保育の開始、小学校の30人程度学級スタートなど先行する取り組みのほか、民間校長による区立和田中学校の独自の取り組みでも知られる。課税方式から変更したレジ袋有料化条例は08年4月施行。区役所本庁土日開庁を08年9月から開始。

交通

JR中央・総武線(高円寺他3)、京王線(八幡山駅)京王井の頭線(永福町駅他5)、西武新宿線3駅(井荻駅他2)、東京メトロ丸の内線(荻窪駅等4)。東西線、中央自動車道(高井戸IC)、首都高速4号、甲州街道、青梅街道、五日市街道、環状7・8号線

主要事業所

岩崎通信機、山崎製パン、救心製薬、オーデリック、アメリカンエキスプレス日本支社、ぎょうせい

観光

善福寺公園・善福寺川緑地、和田掘公園、井草森公園、柏の宮公園、蚕糸の森公園、大宮八幡宮、妙法寺、観泉寺、井草八幡宮、杉並アニメーションミュージアム、西荻窪アンティーク、大田黒公園ライトアップ、荻窪ラーメン、科学と自然の散歩みち、和泉沖縄タウン、科学館、郷土博物館

イベント

荻窪音楽祭(5・11月)、久我山ホタル祭り(6月)、高円寺阿波踊り・阿佐ヶ谷七夕祭り(8月)、阿佐ヶ谷ジャズストリート(10月)

日本一

アニメ製作会社集積度

出身者

谷川俊太郎・ねじめ正一(詩人)、赤坂真理・橋本治(作家)、小川直也(格闘家)、湯原信光(ゴルフ)、大貫妙子(音楽家)、東海林さだお(漫画家)、御厨貴(政治学者)、三善里沙子(エッセイスト)、後藤久美子(女優)、江川紹子(ジャーナリスト)

まちづくり

総合計画の策定状況

策定時期:2004年 計画期間:2005年~2010年

将来都市像

区民が創る「みどりの都市」杉並 人が育ち、人が活きる杉並区

主要プロジェクト

五つ星の区役所づくり(区民満足向上)(02年度~)、スマートすぎなみ計画(第4次行財政改革実施プラン、08~10年度)、アニメの杜すぎなみ構想(00年度~)、レジ袋有料化等の取組みの推進(08年度~)、区役所本庁舎土日開庁(08年9月~)、(仮称)桃井中央公園の整備(02~11年度)

地球温暖化防止への取り組み

太陽光発電機器・雨水貯留槽設置の助成、区立学校のエコスクール化推進、エコドライブ支援機器導入助成

高齢者支援策

特別養護老人ホーム

施設数:10か所 総定員数:974人

高齢者向けグループホーム

施設数:10か所 総定員数151人

独自の在宅介護支援制度

あり

独自の一人暮らし高齢者支援制度

あり

独自の高齢者医療費支援制度

なし

公共料金

水道料金(1カ月)

3372円(23区内統一料金)

下水道料金(1カ月)

2562円(23区内統一料金

住民票交付手数料

300円

子育て支援策

認可保育所

(08年4月現在)施設数:58 定員数:5139人(待機児童88人) 月額保育料:31000円

放課後児童クラブ

(08年3月現在)クラブ数:47 登録者数:2975人

放課後子ども教室

実施施設数:11

小児医療費助成制度

対象:(外来)中学校卒業まで (入院)中学校卒業まで 自己負担:なし

ランキング順位(対象は全国784)

住みよさ:総合607位(安心772位、利便251位、快適57位、富裕138位、住居775位)
成長力:総合418位(消費208位、産業628位)
民力度:総合107位(消費285位、産業16位)
安全なまち:総合581位(火災381位、交通事故416位、刑法犯687位)

面積・人口・世帯

面積:34.02km²
可住地面積:34.02km²
人口(国勢調査):528,587人
同・増加率:1.2%
人口(住民基本台帳):525,583人
同・増加率:2.3%
人口密度:15,449人/km²
自然増加率:0.01%
社会増加率:0.89%
平均年齢:43.3歳
就業人口構成(第1次産業):0.2%
就業人口構成(第2次産業):12.4%
就業人口構成(第3次産業):83.8%
昼夜間人口比率:84.08%
世帯数(住民基本台帳):290,334世帯
同・増加率:4.3%

少子高齢化

年少人口増減率:▲4.8%
年少人口比率:8.9%
合計特殊出生率:0.78
若年層有配偶率・女:36.7%
老年人口増減率:12.7%
老年人口比率:18.6%
同・増減:1.9ポイント
老齢化指数:209.4
同・増減:32.6ポイント

財政力

経常収支比率:77.5%
公債費負担比率:10.7%
実質公債費比率:3.4%
地方税増減率:17.6%
人口1人当たり地方税収額:12.0万円
自主財源比率:55.1%
交付税依存度:0.0%
人口1人当たり歳出:28.7万円
人口1人当たり地方債残高:6.7万円
人口1000人当たり職員数:7.29人

経済力

事業所数:20,990事業所
うち民営事業所数:20,571事業所
従業者数:165,205人
うち民営事業所の従業者数:154,076人
上場企業本社数:13社
未上場有力企業本社数:9社
外資系企業本社数:10社
製造品出荷額等:533億円
同・増加率::▲8.2%
同・従業者1人当たり:2,372.2万円
製造品出荷額等1位業種と構成比:印刷12.3%
製造品出荷額等2位業種と構成比:電機6.7%
製造品出荷額等3位業種と構成比:機械5.2%
粗付加価値額:310億円
同・増加率:▲4.8%
同・従業者1人当たり:1,380.6万円
卸売業年間販売額:6,839億円
小売業年間販売額:3,977億円
同・増加率:▲7.1%
同・人口1人当たり:76万円
大型店店舗数:33店
同・店舗面積:107,564m²
同・人口1人当たり:0.2m²

雇用・マンパワー

労働力人口:258,214人
同・増加率:▲8.0%
労働力率・30代女性:58.7%
労働力率・高齢者:23.7%
完全失業率:5.0%
同・若年層:7.4%
臨時雇用者の割合:16.4%

生活基盤・環境

納税者1人当たり所得:472.4万円
新中間階層の割合:25.2%
労働者階層の割合:40.6%
持家世帯割合:40.5%
一戸建住宅に住む世帯の割合:31.1%
住宅延べ床面積:60.2m²
住宅地地価:5,145百円
世帯あたり乗用車保有台数:0.35台
高等教育卒業比率:33.1%
人口1万人当たり病院・診療所数:10.8所
人口1万人当たり医師数:16.0人

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?