杉並、地名の由来

江戸時代初期、田端・成宗両村(今の成田東・西)の領主が領地境に杉並木を植えたのが、地名の起こり。江戸後期の絵図には、その村名と共に「杉並」の地名が現在の青梅街道に記され、「杉並通り」と呼ばれていたらしい。正式な地名になったのは明治22年。近郊6か所が合併し杉並村が成立した。昭和初期まで杉並は杉丸太の一大産地で、今も高井戸西2丁目や今川2丁目に当時の雰囲気を伝える杉林が残っている。

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?