今川、地名の由来

戦国の武将・今川義元の曾孫、今川直房の領地であったことから、地名となった。域内の観泉寺(2丁目16)には、今川氏12代から23代までの累代の墓20基が残り、”今川”の由来を伝えている。境内の広いヒノキ林が、閑静な住宅地に一層の潤いを醸し出している。

近くの、農芸高校(3丁目25)の大きな温室には、シクラメンなどの花が満開。これらは、野菜と共に月・水・金に売られ、地元で大好評。

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?