松庵、地名の由来

”松”あたりが由来か、と街を歩く。明治時代風の洋風建物がちらほら。落ち着いた街だ。松庵稲荷神社(松庵3-10)前の立て札で由来を知る。万治年間(1658~61)ごろ、荻野松庵(1655没)という医師がカヤの原だったこの地に新田を開いたため村の名に。その松庵の名のある供養碑が、武蔵野市の安養寺(吉祥寺東町1-1)にあると聞き、足を伸ばす。意外にも地名の祖・松庵は区外にいた。

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?