天沼、地名の由来

天沼とは天の沼。つまり神聖な水溜りのようなところか。荻窪駅北側の青梅街道を渡る。細い道を迷子のように歩くうち『天沼弁天社について』という立て札のある、小さな祠を発見する。案内に従って天沼八幡(2丁目18)へ。ここに祭られているのは、今は跡形も無い天沼弁天池(3丁目23)の弁天様。昔この池では、雨乞いの行事をしたという。水は命の源泉。地名の天沼は、雨沼が転じたものだろうかー。

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?