久我山、地名の由来

地名には山がつくが、これといった山も丘も無い。久我山駅近くの書店に立ち寄り、由来を調べる。江戸期には『久ケ山村』と呼ばれ、”久”(くが)は陸地、”山”は雑木林の意味、とある。南へ足を向けて玉川上水(1~3丁目)の散歩道を歩く。太宰治をはじめ、多くの投身自殺で知られるこの川は、うっそうと茂る草や灌木に武蔵野の面影がしのばれる。ぼうぼうとした荒野がそのまま地名となったー。

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?