井草、地名の由来

井草とは、畳表に使われる植物のイ草と思い、西武線の下井草駅で降りて探し歩く。農家で聞いたところ、もうこの辺にイ草はないが、昔、妙法寺池(清水3丁目)周辺の湿地にはたくさんのイ草が生い茂って地名になった、という。かつての井草は、今の清水あたりも含む広大な草地だった。区画整理され、古いお屋敷が並ぶ町の中に、整備された池が歴史を秘めるかのようにあった。

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?