高井戸にイトーヨーカドー出現の噂、確度高し

イトーヨーカドーが高井戸に出店、というツイートを先日、いつも#takaidoを盛り上げてくださる@hiroshimapowerさんに教えてもらいました。どこにそんなスペースが?と疑問で、噂程度にしか捉えていませんでした。

が、とある記事を発見し、その信頼度はかなり高い、と思い至り、高井戸のミドルニュースとして記事にすることにしました。

高井戸にイトーヨーカドー出店の噂

イトーヨーカドーが高井戸に来る、噂の真相

2011年5月18日付のこちらの記事をまずはご覧ください。我が家のそばにイトーヨーカドー食品館がオープンするようだ

「イトーヨーカドー食品館」が我が家のすぐそばに出店するという情報を得た。場所は、東京都杉並区宮前2丁目1−16 カサ・デ宮前 1F

あぁ、我が家とも近いです。環八と五日市街道の交差点、西側です。前店舗のオートバックスが移転したらしい。それについても言及されています。

以前は、オートバックス環8高井戸店だったが、オートバックス高井戸店にリプレースしたために次のテナントには何が入るのか興味津々だった

なるほど、以前の場所にあったオートバックスは高井戸警察署の隣の隣、HondaCarsの隣、杉並区宮前1-16-10に引っ越していたんですね。跡地にイトーヨーカドーが入るということのようです。

今年12月以降にオープンするという

まだまだ先です。記事にある通り、思いつくだけで周囲に5つもある競合店舗。好立地でニーズが見込める、ということなんでしょうね。どんな立ち居振る舞いになるか楽しみです。

食品館、ということでふつうのイトーヨーカドーではないのかな

食品館イメージ

イトーヨーカドーの公式HPによると

小型スーパーマーケット。売場面積100坪~300坪と小規模ではあるものの、惣菜及び生鮮食料品を強化し商品・接客・サービスで上質にこだわったスーパーマーケット。

Wikipediaをちらっと見ましたがイトーヨーカドーは衣料品のみなどの店舗もあり、条件によりスタイルを変えているようです。今回は食品館ということで食品オンリーは間違いないでしょう。

旧オートバックス高井戸店は知っています。広さとしては高井戸駅直結京王ストアーくらいでしょうか。駐車場も備えていました。

イトーヨーカドー食品館阿佐谷店は、先ほどの記事によれば

売場構成は食材を中心に「生鮮ゾーン」と利便性の高い商品やすぐに食べられる商品主体の「製品ゾーン」に分け、ゾーンごとに少量・適量コーナーを設けた。従来の川上分類別による商品の括り方を見直し、チルド飲料と一般飲料を同じ冷蔵ケースで展開するような部門の縦割り組織を超えたところで売場づくりをしている。

ちょっと専門的なのでがっつり落ちませんが、使いやすい・食べやすい・より利便性の高いスーパーということでしょうか。

イトーヨーカドーは小型店の積極展開を模索中?

イトーヨーカドー 店舗物件紹介のお願いのページからは新規出店への積極的な意気込みが感じられます。イトーヨーカ堂/1年で東京23区内に都市型小型SM10店舗を出店 – 流通ニュースから、いくつか抜粋します。

  • 少子高齢化や都心への人口回帰に対応するもので、店舗面積は約500㎡~900㎡で基本商圏は1kmを想定する。品揃えは、青果、鮮魚、精肉、惣菜の生鮮4品を中心に加工食品や生活雑貨を扱う。
  • 今度の業態はお客さまの生活ニーズを捉えて、お客さまに入り込んでいく店舗としたい。
  • 1店舗1店舗異なる品揃えをすることで個店主義的な店舗運営をしていく。

高井戸にイトーヨーカドー誕生は信頼性高し

最初の記事を始めとして、公式の考え、ニュースなどを見て、高井戸にイトーヨーカドーが出店する可能性はかなり高いです。

以前、地元高井戸の野菜を収穫して高井戸区民センターで調理をする、というイベントをしたのですが、その際農家巡りをして、この出店場所付近に畑が固まっていることを知りました。少々高くても、地元野菜の販売チャネルになってくれたら面白い。

コーポとは道を挟んで真っ向勝負?高井戸駅を最寄りにする人(ほとんどそうか)とはオオゼキが競合?なんだか前途が大変そうだな、と感じます。あそこはなんとなく、くらーいイメージがあるのですが、卓越した独自感を打ち出して、地域を盛り上げてもらいたいものです。

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?