杉並区名の由来

江戸時代の初期、成宗と田端両村の領主であった岡部氏が領地の境界を示すため、青梅街道に杉並木を植えたことに始まる。この杉並木は江戸時代を通じて相当有名であったらしく、江戸時代末期の地図には村名と並び「杉並」の名が青梅街道上に明示されていた。

その後の明治22年、既に杉並木は無くなってしまったが、高円寺・馬橋・阿佐ヶ谷・天沼・田端・成宗の6つの村が合併した際新しい村名として「杉並村」が採用され公称されることになった(この合併前には阿佐ヶ谷や成宗の小名としての杉並・・・現在の区役所付近・・・および東杉並、西杉並・・・旧成宗1丁目街道筋・・・の名称もあった)。

やがて「村」から「町」になった杉並は、昭和7年10月井荻町・和田掘町・高井戸町と合併したが、4町の中では最も発展の著しかったことにより、その名が残され、”杉並区”が誕生。

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?