杉並区の歴史

旧石器時代

区内には、北部に井草川~妙正寺川、中央部に善福寺川、南部に神田川がそれぞれ東流しており、これら河川流域の台地上や湧水池周辺には、約3万年前からの人々の生活跡が遺されている。

代表的な遺跡としては、善福寺川流域では川南遺跡、神田川流域では向ノ原遺跡、高井戸東遺跡、下高井戸塚山遺跡、堂の下遺跡などがある。

特に、高井戸東遺跡などの立川ローム第X層から出土した局部磨製石斧は、今のところ約3万年前の日本最古級の石器として研究者の注目を浴びている。この時代の石器は、地表下約3m程のところから出土するため、発見されにくい面もあるが、最近では研究も軌道に乗りつつある。

縄文時代

この時代になると遺跡の数も急激に増加し、河川流域の急崖な台地上、緩やかな台地上といたるところに生活の場を求めていたことが分かる。

代表的な遺跡としては、関東地方の縄文時代早期の標式土器である井草式土器を出土した井草遺跡、中期の環状集落で有名な下高井戸塚山遺跡、草創期~後期に至る10数万点の土器片を出土した向方南遺跡、関東地方でもまれな草創期の爪形文土器の良好な資料を出土した向ノ原遺跡B地点などがある。草創期の頃は、長期に定住せず、数世代ごとに移動を繰り返していたと考えられる。

弥生時代

弥生時代を代表する文化としては水稲耕作や環境集落、方形周溝墓などがあげられる。環境集落とは周囲を壕で囲まれた集落、方形周溝墓は周囲を溝で四角く囲んだお墓で、水稲耕作も含め、これらは個人ではなく、集団で関与して営まれたものと考えられる。

区内では水田遺構はまだみつかってはいないが、方南峰遺跡と済美台遺跡、鎌倉橋上遺跡では環境集落が発見されており、和田掘公園大宮遺跡と堂の下遺跡では方形周溝墓が発見されている。

これらの遺跡は、集落社会が家族単位の社会から集団単位の社会へと変化しつつあることを伝える遺跡と言える。

古墳時代

集落が集中・統合されていた弥生時代に比べ、この時代になると中央政府の政策に基づき、組織的に集落は拡散したと思われ、しかも人口の増加と比例して大規模な集落が各地で発見されている。

代表的な集落遺跡としては、矢倉台遺跡・松ノ木遺跡・済美台遺跡・釜寺東遺跡・高井戸東(近隣第二)遺跡・道角遺跡などが調査されている。この時期は日常的に使用する土師器や住居の形態も画一化されたものとなる。

済美台遺跡では、祭祀に使用したと考えられる臼玉・石製模造品(3種の神器?)が多量に出土しているが、その数は都内の同時期の遺跡と比較しても圧倒的な量を誇っており、区の指定文化財に指定されている。

また、高千穂大学大宮遺跡では5世紀末に位置づけられる、円墳が調査された。

古代

奈良時代になると、武蔵国府が現在の府中におかれ、国府・豊島駅間の中間駅として、アマヌマ駅が設置された。いつしかアマヌマ駅はなくなったが、この所在については、現在の天沼であろうとみられている。

平安時代に編集された「倭名類聚抄(わみょうるいじゅうしょう)」各国郡の郷名が書かれているが区内の大部分は多摩郡内10郷のうちの海田(あまた)郷に属していたようで、海田と天沼の連なりが考えられるとともに、区内の和田が海田の遺名であるかもしれないとも言われている。

なお、丸山遺跡B地点や、木村原遺跡C地点では平安時代の住居跡も発見されている。

中世

『那智米良文書』は、熊野那智神社の御師(おし)の関東行脚の記録で、応永27年(1420年)のもののなかに「中野殿、あさかやとの」と記され、阿佐ヶ谷の地名を名乗る武将が存在していたことを示す。

また、上杉文書には、ホウトク年(1451年)の室町幕府下知状の写しがある。これは鎌倉の円覚寺宝亀庵と、受勝軒の寺領である越後国中治田保と、道悦の知行している堀内・下荻窪・泉村とを交換することを幕府が認証した指令所。道悦とは、関東官僚上杉憲実の弟重方の法号。この文書により、当時、堀ノ内・和泉(泉村)などに、ある程度の田畑・農家・農民の存在を確認することが出来る。

善福寺池周辺には、善福寺と万福寺(東福寺ともいう)があったと伝えられている。江戸時代の『新編武蔵風土記稿』に、「寺は池畔にあったが地震のため池水が溢れて崩壊した」と記述され、一説には、大田道灌の兵火で無くなったとも言われている。両寺は時宗の寺で、僧兵を養っていたと伝えられ、永年の恩顧から石神井の豊島氏に加勢したために焼かれたともみられるが、両寺に関する資料は発見されていない。

近世

徳川幕府が江戸に開かれるとともに、区内の村々にはそれぞれ支配機構が確立され、また新田開発による開村などもあって、中期初頭には20の村が成立した。これらの村々は、幕府直轄領(御料)、旗本の今川氏領・内田氏領・岡部氏領(元禄以降なし)、山王社領であったり、一つの村を複数の領主が支配する場合もあった。これと同時に、杉並の村は将軍家が鷹狩りを行う鷹場に設定されていた。そのため個別の領主支配を超えて、江戸城内で消費される物質を上納していた。高円寺村には、鷹場を維持管理する役人である鳥見の役所が置かれていた。また杉並は江戸近郊の農村地帯として、江戸の武家屋敷や大商店の下肥を利用したり、糠などの肥料を購入して江戸市民への野菜を販売、供給するような経済圏を形成していた。

杉並の住民の多くは農業に従事しており、収穫物の中から一定の年貢を領主や代官所に納めるほか、臨時の課役や道路・橋梁の普請及び助郷(すけごう)などを勤めた。杉並付近の助郷は、甲州街道・青梅街道などの開設により、通行人や荷が日増しに増加して、これらの運搬のため、中野宿・。上下高井戸宿は忙しくなり、宿場に対する人馬の課役は、当時の農民にとって相当の負担になっていた。そのため、一度に複数の課役がかかる際には、それを回避するための運動を行ったりした。

近・現代

行政の変革

明治維新によって徳川幕府が倒れると同時に、大部分が旧幕府直轄領であった本区内は武蔵知県事の支配下に入ったが、ついで品川県に編入された。

明治4年、戸籍法(5年実施、壬申戸籍といわれる)の実施に伴い、本区は明治6年から東京府第8大区5小区と6小区に属した。同時に、江戸時代から続いた名主制度が廃止され、戸長・副戸長の制度となった。

明治5年の学制実施によって、同8年4月に小学校が区内に設立された。

明治11年、郡区町村編成法によって東京は府下15区(市街地)と6郡(郷村地)に分けられ、本区は6郡中の東多摩郡に属した(東多摩郡は明治29年に南豊島郡と合併し、豊多摩郡と変更)。次いで区町村会法が公布され、区内20か村は6つの連合村を組織し、各々に戸長が置かれて戸長役場(村役場の前身)が設けられ、連合村会も持たれた。

さらに、明治21年には市制及び町村制が公布され、区内20か村は4か村あるいは6か村ごとに合併し、翌22年には杉並・和田掘内・井荻・高井戸の新4か村となった。

町への発展

画期的な変化をもたらしたのは、大正12年9月の関東大震災後、東京市の人口が郊外に流出したこと。甲武鉄道(現JR中央線)沿線には、文人・軍人・学者なども多く移り住み、特に国内でも有数の規模で行われた区画整理によって住宅地としても環境が整えられた井荻村は、明治24年に開業した甲武鉄道荻窪駅を中心として著しい発展をしていった。区内では杉並村が最も早く、大正13年6月には町制を敷いた。その後、同15年7月には和田堀内(このとき和田掘と改めた)・井荻・高井戸の3村が相次いで町になった。

区の誕生

昭和7年10月1日、新市域に新しく20の区が置かれたとき、杉並・和田掘・井荻・高井戸の4町が合併し、東京市杉並区が誕生した。そして、昭和18年7月、新たに都制が施行されると同時に東京府東京市は東京都となり、本区は、この時から東京都杉並区になった。

戦後、地方自治法の公布により、都の区は特別区とされ、市に近い性格を与えられた。その後、昭和40年の大幅な事務事業移管を得て昭和50年4月からは、地方自治法改正に基づき区長公選制が施行された。

さらに、平成12年4月から、特別区制度改革と地方分権改革が行われ、清掃事業など区民に身近な仕事を区が行うことになったのをはじめ、財政面でも自主性が強化されるようになった。こうして、「基礎的な地方公共団体」としての区の新しい時代がスタートすることになった。

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?