「旅立ちの日に」を超える!? 杉並発の卒業ソングが全国で人気

小学校の卒業ソングといえば「旅立ちの日に」ですよね。私も歌いました。YouTubeで数多くアップロードされていますが、今聞いても鳥肌がたってきます。

卒業ソング

そんな「旅立ちの日に」に匹敵するほど生徒に人気で全国に広まっている、杉並の音楽教師によって作られた卒業ソングがあるそうですよ。その名も、「あなたへ~旅立ちに寄せるメッセージ」。YouTubeで音を発見したので掲載します。

冒頭に出てくる白木蓮(はくもくれん)は作者が10年間勤めていた桃井第二小の門に立っているそうです。

こちら聞いた保護者も、きっと涙してしまいそうですね。素晴らしい歌詞に私も大感動しました。

「あなたへ~旅立ちに寄せるメッセージ」の歌詞

白木蓮にも似た その白い翼で
まだ見ぬ世界 未来という
果てしない空へ 旅立ってゆくのですね
まばゆいほど輝いて 旅立ってゆくのですね
温かな巣をあとにして
愛と涙 そして知るだろう
人生という名の迷路の果てに
信じ合えることの喜びと
悲しみを知った分 優しくなれることを

いろんなことがあって 自分を嫌いになった
なぜ僕だけがこんな目に遭うと
他人を羨んだりもしたさ 荒んだ心に刺さったのは
意外な奴の言葉だった も一度 も一度
あの空を飛べるかもしれないと思った
張り裂けるような 悲しみの行き場
煮えたぎるような 憎しみの出口
時よ おまえは見てきたのだろう
憎しみの極みを 戦いの果てを

時の女神よ 教えてください 握り合えない手と手ならば
隔てる心の壁がいつか 癒され なくなる日は くるのでしょうか
手と手をつなぎ その手をかざそう 人生という名の迷路の果てに
信じ合えることの喜びと 悲しみを知った分 優しくなれる
愛と涙 あなたの手のぬくもり 人生という名の迷路の果てに
信じ合えることの喜びと 悲しみを知った分 優しくなれる

いかがでしたか?これから広い世界へ旅立つ人たちが最後に歌う卒業ソングとして、こんな荘厳な歌を贈った先生がいらっしゃるなんて、心震えるエピソードですね。

【参考】

※ 東京新聞:杉並発 卒業ソング全国区 合唱曲「あなたへ」:社会(TOKYO Web)

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?