阿佐ヶ谷はショッピングモールだらけ?

阿佐ヶ谷のパールセンターは、駅前の西友と並んで阿佐ヶ谷の買物の中心である。パールセンターは屋根のあるいわゆるアーケード街だが、これがもうひたすら長い。なんと、ほとんど青梅街道に到達するほどの場所にまで伸びているのだ。

ショッピングモール

また、パールセンターはすぐ西側の中杉通り商店街と並行し、相互補完するような関係にあるのだが、この中杉通り商店街も長い。こちらは、さすがに先へ進むと商店の数もまばらになるが、結局青梅街道に到達するまで続く商店街なのだ。

ここを歩くと、本当に阿佐ヶ谷と言う街は全部が商店街で出来ているというように思えてしまうほどなのである。

阿佐ヶ谷は北も駅前ビルもショッピングモール

南方向のパールセンター・中杉通り以外にも、阿佐ヶ谷にはショッピングモールがある。

まず北側には、バスターミナルを挟んですぐ東急ストアの入ったビルがある。ただ、この駅ビルがなかなか独特で、ロッテリアやてんやなどのチェーン店もありつつ、全フロアに普通の商店、飲食店が入っている。通常、駅そばのビルというものは華やかな店が集まるものだが、ここはあまりに統一性が無く非常に面白い景色を作りだしている。

さらに、このビルの1階部分から、そのまま北へ短い商店街が続く。これまた、普通の商店街としては何の違和感もない景色なのだが、大きなビルと複合して並んでいるため、無理やり普通の商店街を変な所へ押し込んだ感が強く、大変強引に作られた感を強めている。

これに対して、西側の主役は駅ビル。専用の改札口もある。高架下をそのまま利用したよくあるタイプの駅ビル「ダイヤ街」である。ちなみに、西側はここを除いてほとんど一般商店は無く、そのほとんどが飲食店だ。

で、この駅ビルなのだが、これまたなんだか地味なのだ。その地味さの理由が小ささだろう。近隣の高架下施設では、西荻窪の西友や、吉祥寺のロンロンがあるのだが、これらは両方とも200~300メートル近くある比較的長い施設だ。これに対してダイヤ街は、おおよそ100メートル。ふんふんと左右を見ながら歩くとすぐに終わってしまう。規模が小さいため、入っている店もやたらとこじんまりしている。

阿佐ヶ谷には普通の商店街がない

こうしてみると、阿佐ヶ谷の商店街は、すべてアーケードであったり駅ビルであったり、複合していたりと全部がショッピングモール化しており、いわゆる普通の商店街と言える場所はほぼ無い。

参考:日本の特別地域特別編集 東京都杉並区

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?