荻窪

荻窪(おぎくぼ)とは、東京都杉並区の中央部にある地名。現在の住居表示では、荻窪(おぎくぼ)一丁目から五丁目まで、南荻窪(みなみおぎくぼ)一丁目から四丁目まで、上荻(かみおぎ)一丁目から四丁目まで存在する。歴史的には西荻北及び西荻南も範囲に含む。

地理

住居表示上の荻窪は、北側でJR東日本中央本線を境に上荻と、東側で成田と、南側で五日市街道付近まで延びて成田及び高井戸と、西側で環八通りを境に南荻窪とそれぞれ接する区域であり、ほぼ中央を善福寺川が流れる。
一般には、JR東日本中央本線・東京地下鉄丸ノ内線の荻窪駅周辺の地域で、住居表示上の荻窪に加えて、荻窪に由来する名を持つ南荻窪、上荻や、さらには中央線〜早稲田通り間の天沼、本天沼、清水、荻窪警察署等がある桃井、今川の全部または一部を含む地域を指すことが多い。なお、西荻窪(西荻北及び西荻南)は歴史的に荻窪村の一部であり、荻窪の名を含むが、今日では荻窪に含められることはほとんどない。
荻窪という地名の由来は、この地を訪れた旅人が辺に自生していた荻を刈り取って草堂を造り、観音像を安置し荻堂(おぎどう)と名付けたことと、周辺の地形が窪地であったことによると伝えられる。荻堂のあった場所は、現在では慈雲山荻寺光明院という寺になっている。
荻窪は、大正から昭和初期にかけて東京近郊の別荘地として西の鎌倉、東の荻窪と称され憧れの的だった。1927年(昭和2年)に与謝野晶子・与謝野鉄幹が南荻窪に居を構え、さらに1937年(昭和12年)に公爵近衛文麿が別荘「荻外荘(てきがいそう)」を構えたところから閑静な住宅地として評価が高まり、井伏鱒二、棟方志功などの作家・芸術家、 音楽評論家の大田黒元雄など 多くの文化人が移り住んだ。井伏鱒二著の『荻窪風土記』には、戦前から作家、画家等の知識階層が多く住み、荻窪の文化を形成していったことが書かれている。 その歴史と文化は今でも邸宅が並ぶ住宅街に生きづき、特に南荻窪1丁目、2丁目、3丁目、4丁目、荻窪3丁目、4丁目、上荻は高級住宅地として知られている。 ちなみに大田黒元雄の屋敷跡地は大田黒公園、角川書店創始者、角川源義の邸宅は角川庭園となり杉並区の施設として一般公開されている。
1980年代半ばの初期のラーメンブームにおいて大きく取り上げられた「荻窪ラーメン」で有名であり、現在でもラーメンの老舗が多くある。

歴史

関東ローム層が地表を覆い、水利がきわめて悪い周辺地域の中で、善福寺川流域は水利が良く古くから水田が開かれていた。
寛平年間(889年 – 897年) – 荻窪八幡神社が創建される。荻窪八幡には1052年に、源頼義が前九年の役の戦勝祈願をしたと伝えられている。また、1477年には太田道灌が頼義の故事にならい、石神井城主豊島泰経を攻める時に戦勝祈願をしている。
1590年 – 荻窪村が西側の上荻窪村と東側の下荻窪村に分割される。江戸時代初期には、下荻窪村は服部半蔵の、上荻窪村はその配下の知行地であったが、その後どちらも天領となった。
上荻窪村 – 現在の住居表示上の上荻の大部分、南荻窪の西半分、西荻北、西荻南の一部にあたる地域。西荻窪駅の位置も含む。
下荻窪村 – 現在の住居表示上の荻窪全部、南荻窪の東半分、上荻の一部にあたる地域。
1606年 – 青梅成木村に産する石灰の運搬路として青梅街道が開かれる。
1892年 – 甲武鉄道(現・JR東日本中央本線)荻窪駅が開業。
1927年 – 『荻窪風土記』の作者井伏鱒二が井荻村(現在の清水)の新居に転居。
1936年 – 二・二六事件の際に、決起部隊が上荻窪の渡辺錠太郎教育総監邸を襲撃し、警備兵と銃撃の末に邸内に侵入。渡辺総監を殺害する。
1936年11月から翌年にかけて – 太宰治が荻窪のアパート碧雲荘に住んでいた。
関東大震災や、第二次世界大戦における空襲で被災した下町から多くの人が移り住み、人口が増加する。

施設

杉並区立中央図書館
杉並公会堂
大田黒公園
杉並区立松渓中学校
杉並区立天沼中学校
東京都立荻窪高等学校
日本大学第二中学校・高等学校
慈雲山荻寺光明院
商店街
荻窪南口仲通り商店街
荻窪教会通り商店街
荻窪すずらん通り商店街
ことぶき通り商店街
日大二高通り商店街
荻窪銀座商店街
荻窪タウンセブン
ルミネ荻窪店
アメリカンエキスプレス日本支社
東京衛生病院

行事

荻窪音楽祭 – 毎年春と秋に開かれるクラシック音楽の音楽祭。

交通

JR中央本線・東京地下鉄丸ノ内線 – 荻窪駅
関東バス
西武バス
ケイビーバス
青梅街道
東京都道311号環状八号線(環八通り)

参照:Wikipedia

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?