堀ノ内

堀ノ内(ほりのうち)は、東京都杉並区にある地名。現在の住居表示では、一丁目から三丁目まである。当地域の人口は、17,801人(2008年10月1日現在、住民基本台帳による。杉並区調べ)

地理

杉並区の中東部に位置する。地域の北部は杉並区梅里に接する。西部は、杉並区松ノ木と大宮に接する。南部は方南通りを境に杉並区和泉に接する。東部は環七通りを境に杉並区和田と方南に接している。また、地域の1丁目と2丁目の間を善福寺川が流れている。
地域内は、多くは閑静な住宅街からなる。当地域に鉄道の駅はないが当地域の南東端付近に東京メトロ丸ノ内線・方南町駅がある。地域の北部は、丸ノ内線・新高円寺駅が利用可能な範囲にある。付近の環七通り・方南通り・五日市街道などを走るバスの便を利用するものもいる。
当地域内には、杉並区を代表する寺院である妙法寺がある。江戸時代から人々が厄除け祈願のために訪れる寺院で、現在でも多くの人が訪れる。また、妙法寺付近には、他に寺院も多い。
また斎場である堀ノ内斎場は、現在の地名では当地ではなく隣の梅里になる。

主な施設

妙法寺
東京立正短期大学、東京立正中学校・高等学校

参照:Wikipedia

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?