高井戸は便利である。商店街が浜田山ほど盛んでないし井の頭線の急行も止まらないけれど、便利である。何でもそろう大型スーパーが圏内に3店、天然温泉、区民センター、小学校、車での移動に便利な幹線道路など、狭いエリアに詰め込まれた利便性の高いインフラたち。駅から離れればすぐに、神田川や公園などがあり住みごこちのよい環境を提供している。

高井戸のダメなところ

環八

これが大きい。東西に走る井の頭線の高井戸駅を南北にくぐるかたちで「ドカーン」と貫いている。

環八のせいで駅前の環境はちっこいサービスエリアのよう。おかげで小さなお店しかなく、道もせまく、すぐ隣を車が高速で走り抜ける。

大きな柵のおかげで危険性は少ないが、人の住む場所としてあまり良い心地はしない。

商店街の活気

高井戸に商店街あるの?あります。永谷マンションの裏に、ちゃんとあります。小さいながらも面白いお店がちらほらとあり、雑誌に載るような名店も。しかし、商店街全体としての活気はあまり感じられない。オオゼキやオリンピックに頼ってしまうとしてもしょうがない。どんな理由があるのか分からないが、高井戸を代表するエリアとしての存在感と元気がもっと欲しいところ。残念でしょうがない。

高井戸のヨイところ

意外と頑張る小さなお店

商業的には不利な環境にある高井戸にあって、大型店舗に負けずに頑張る個人商店がちゃんとある。歴史あるお店もここ最近出来たお店も、独自色を出して商売しているところが少なからずあるのだ。

公平性に欠けるため店名は紹介しないが、あきらめ的先入観を捨て、目を見開いてゆっくり歩けば、特色あるお店を発見できるだろう。駅前にはチェーン店ばかり目立つが、1分使えば他のお店とも出逢える。北に南に東に西に、高井戸は意外と面白い。

“癒シス”神田川

癒しスポット、癒しのオアシス”癒シス”は神田川かな。といっても環八から東側のほうが比較して面白い。写真は西側だけど。4月の桜祭りは見ものだし、橋を2つも越えれば心休まる散歩道となる。お店ほとんど無くなり完全なる住宅街になるが、大きなグラウンドで少年たちがスポーツをしていたり、環八の喧騒が信じられない”癒シス”となる。まぁ浜田山に入っちゃうのかな?

商業施設はばっちし

駅直結の京王スーパー、徒歩1分のオオゼキ、同じく美しの湯、徒歩4分のオリンピック。およそ生活するに当たって困ることは無い、といってもよいほどの商業施設充実っぷり。自転車があれば、火事でニュースになったこともあるドンキホーテやヤマダ電機も気軽に行ける。美しの湯は天然温泉で、プールや食事処もある。オオゼキには美登利寿司も入っている。

あくせくしないアクセスの良さ

吉祥寺、渋谷へ30分以内、という若者にとって有難い立地。新宿までも30分かからないから、どこへ行くにも便利といえる。南北もバスが走っており、中年好みなお店が立ち並ぶ荻窪までも30分以内。さらに京王井の頭線は運賃が安いし事故等で止まることもほとんどない。車があれば環八や甲州街道、井の頭通りを使ってどこへでも行ける。

住めば都と言うものの

住んでしまってから後悔するケースもあるっちゃあるでしょう。高井戸はその点、問題ないんじゃないかと思う。交通の良さと商業施設の充実度、そして住環境の静けさ、これらは高井戸に住む人にとって大きな自慢要素だろう。ただ最近、マンションがタケノコライクに増えてきているので、昔ながらの武蔵野雰囲気は今やほとんど無い、ということは言っておく。

杉並区全体の話にもなるけれど、公園は多いほうだと感じる。犬の散歩には困らない。駅前が浜田山ほど面白くないからといって単純に高井戸を評価してはならない。トータルで見た時の良さが、高井戸にはある。

あわせてチェック

 

友達にも教えて!