宮前

宮前(みやまえ)は、東京都杉並区にある地名。現在の住居表示では一丁目から五丁目まで存在する。

地理

区の中西部、環状八号線の西側にある地域。 かつて宇多田ヒカルが住んでいたこともある。

歴史

1969年(昭和44年)11月1日 – 住居表示を実施し、東京都杉並区大宮前一丁目から五丁目までを中心に宮前を設置する。以下、左が現町名、右が旧町名である。
宮前一丁目:大宮前一丁目の環八より西側部分、(旧)上高井戸五丁目の一部
宮前二丁目:大宮前二丁目の環八より西側部分
宮前三丁目:大宮前四丁目の全域、大宮前六丁目のごく一部(11、12、35番の西側)
宮前四丁目:大宮前三丁目の全域、大宮前五丁目の一部
宮前五丁目:大宮前五丁目の一部

地名の由来

かつての大宮前新田の名称を1932年(昭和7年)に区が略称へ変更した。理由は、区内に大宮八幡宮のある大宮との混同を避けるためであり、苦肉の策といえる。大宮前と大宮町が一緒になった1932年(昭和7年)の杉並区発足以降、略称として用いられることがあった。例として高井戸第四小学校(1939年(昭和14年)創立、当時大宮前六丁目)が計画時の仮称「大宮前小学校」から変更になったことや、宮前中学校(1947年(昭和22年)創立、当時大宮前二丁目)は創立当時から「大」をつけていないのがあげられる。
大宮前新田は武蔵国豊島郡関村(現在の練馬区関)の井口八郎右衛門が1658年(明暦4年、万治元年)ごろ、五日市街道沿いの開墾の成功を祈願して建てた春日神社に由来する。(京より江戸へ下るとき当地が大宮八幡宮の手前にあたるから『大宮前』といった説もある。)

文化財

板絵着色雷神図(狩野洞月詮信筆)
区指定有形民族文化財(平成9年度指定)。宮前3-1-2、春日神社に所在。
力石
区登録有形民俗文化財(昭和62年度登録)。宮前3-1-2、春日神社に所在。
大宮前「當村開起慈宏寺大檀那」供養塔
区指定有形文化財(昭和62年度指定)。宮前3-1-3、慈宏寺に所在。
木造日蓮上人立像
区指定有形文化財(平成16年3月24日指定)。宮前3-1-3、慈宏寺に所在。
木造馬頭観音立像
区指定有形文化財(平成19年3月15日指定)。宮前3-1-3、慈宏寺に所在。
庚申藤
旧東京都天然記念物。宮前1-17-24に所在。樹齢300年以上といわれる藤の古木と、1678年(延宝6年)銘と1696年(元禄9年)銘の庚申塔を祀った小堂がある。藤の木は1930年(昭和5年)に都天然記念物に指定されたが、戦後に同所が廃材置場になり、焚き火により勢いが衰えたため、1968年(昭和43年)に指定解除となった。この周辺が、大宮前新田の地番の振り始めであった。

交通

道路

主な道路として、五日市街道、井ノ頭通りがあるほか、西荻窪駅前から神明通りがのびている。

バス路線

関東バス(五日市街道営業所、車両番号の頭「E」)
荻60系統(荻窪駅南口 – 宮前三丁目循環)
中36系統(中野駅~吉祥寺駅北口)
小田急バス(吉祥寺営業所、車両番号の頭「A」)
宿44系統(新宿駅西口 – 武蔵境駅南口)
すぎ丸
かえで路線(西荻窪駅 – 久我山駅)

鉄道路線

通っていない。関東バス荻60系統でJR東日本中央線の荻窪駅へ出られるほか、南下していけば京王電鉄井の頭線の富士見ヶ丘駅・久我山駅にも行ける。また、2008年11月より杉並コミュニティバスすぎ丸でも、西荻窪駅、久我山駅に出られるようになった。

施設

杉並区高井戸駅前事務所宮前分室
宮前図書館
宮前公園 – 関東バス荻60「宮前公園」下車
大宮前公園 – 関東バス荻60「都営宮前アパート前」下車
「宮前公園」と「大宮前公園」は全く別の場所。
小鳩公園
大善公園
大宮前体育館
春日神社
慈宏寺
東京都立西高等学校 – 日比谷高校と並ぶ都立トップ校。
オーデリック – 旧オーヤマ照明、照明専門メーカーとしては国内最大手。
高井戸警察署
アオバ・ジャパン・インターナショナルスクール

参照:Wikipedia

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?