富士見ヶ丘に行く気はあるかい?

富士見ヶ丘は南北なまち。東西に走る井の頭線に交わる形で走る南北の通り。それに沿って商店が立ち並び、裏に入ればすぐ住宅地という構造。商店街は北口のほうが長く、お店の数が多い。井の頭線のまちはどこもこういった構造になっているように思う。こんなまち環境から、富士見ヶ丘はなんとも落ち着いて素朴な雰囲気を醸し出している。

富士見ヶ丘は住むまち

休みの日に行こうよ、富士見ヶ丘。とは、いくら杉並区が好きでもちょっと言えないか。でも、地元の人には嬉しい小店がちらほらしている。高井戸のように環八がどーんと構えているわけではない。急行は止まらないものの渋谷吉祥寺までのアクセスの良さ、駅前の利便性も合わせて、ずいぶんと住みやすいまちなのではないか。

南口から踏み切りを見渡す。こんな一本の木があるだけでなんとなく気分がよい。階段を下りて上がれば改札だ。北口にも同じ階段があり、踏切を待つのが嫌なら上り下りすれば時短できるかもしれない。

富士見ヶ丘にはまだエレベータがない。井の頭線は近年、駅の改良改築が進んでいるため、そのうち設置されるかもしれない。駅の工事が実施中である。おそらく北口にエレベータが設置されるものと思われる。

写真の道を手前に戻るほうへ進めば神田川。もっと行くと急な坂になり、先は甲州街道に繋がる。北へ進めば人見海道、井の頭通りとぶつかる。車にとっても利便性がよい。つまり裏道になるので、車の通りは意外と多い。

南口は落ち着いてるよ

坂の底から神田川・駅方面を望む。商店街の入り口でもある。この通りにはまちいくが高校時代通った本屋がある。今も健在だ。立ち読みばかりでごめんなさい。

このまちの特徴、住人に高齢者が多いのか、医療系の施設が多い。薬局、クリニック、介護サービス施設など。逆におしゃれなカフェ、奇抜な飲食店、などは少ない。北口のほうがそういうものはある。

写真のちょうど左方面に公園がある。敷地が坂の中にあるので、少々くつろぎにくいか。

ちょっと裏に入れば住宅地。さして目を見張るものはないが、それが住む人にとっては心地よいときもある。ただ、車の往来は道の狭さにしては多めと感じる。お母さんはきちんと手を繋いで歩きましょう。

北口は意外と楽しめる

富士見ヶ丘に来たならば北口をご覧あれ。小粋で内気なケーキ屋さん、おしゃれな花屋さん、サラリーマンの見方ドトール、昔からある飲食店、NewWaveなカフェ、など。小さなエリアにあれやこれやとバラエティ豊かなのがこのあたりの特徴。

でも、店ごとの距離が離れていて縦に長いのが、なんとなく盛りあがっていない感を出してしまっている。1分も歩けば主婦の味方SEIYUがある。住人にとってはホームベースのような存在だろう。

はい、そうです

歴史あるお店が多い。チェーン店攻勢の対象にならなかったのか、地元に愛され続けるお店が多いのか、長く続くお店が多い印象をうける。

これまた印象だが、なんだかちょっとした林みたいなものが目に入る。商店街から横に入るとたまにあるのだ。大事にしていきたい環境。

富士見ヶ丘っていう住所はないよ

このあたりは高井戸西か、久我山という住所になる。杉並区富士見ヶ丘なんていう住所は存在しないのだ。まちへ来て初めて知りました。

まとめると

富士見ヶ丘は古く、落ち着いたまちだ。住むにはとても適しているのでは。若者にはちょっと物足りないかもしれないが。神田川へのアクセスのよさから、休日のちょっとした癒しを得るには適している。自転車があるなら、西に向かえば20分ほどで井の頭公園、吉祥寺というステキプランも。人が多くてメジャーなまちばかり行ってないで、富士見ヶ丘をトライするのも、ありかも?

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?